"INDEX" main

※16巻表紙。当イラストのキモは…「テカり」
 その所為かどうかは知れませんが、何だか微妙にいつもと絵柄が違うような…とは言え、
 自分の場合、半年そこらで絵柄が変わるなんて、特に珍しい話でも無いですが。

※17巻表紙。そして今度のキモは…「腹筋」
 もはや言ってる事は完全に変態そのものですが…コレも今更な話か。

 変態序でに。↓頁下の琉華のラフでも、このしょうもない性癖は遺憾無く発揮されております。

※府蘭・初案。彼女は"黒のおかっぱ、水着+前開きのピンク色パーカー、大型リュックに各種アンテナ特盛り"
 …といった感じで、実は当初から詳細な著者指定の入っていたキャラなのですが、
 「スペース電波チャネリングキャラなら、本体に解り易くアンテナを装備すると良さそうな。月面ウサギ→うさみみ?

 と言った、はいむらの軽い思い付きから、このあと府蘭が妙にキャラ立ちし始める、訳の分からない事態に…。

※府蘭・その2。「ウサギなら尻尾は必須でしょう!」という天の声に基づき、尻尾(レドーム)を追加。
 その所為で今度はリュックの装備に支障が生じてしまったため、サイズを変更。

 府蘭の水着に関しては、初案提出の後「水着の布面積は少なめで」というリプライが有ったのですが、
 実は当初から「ホットパンツ型しか有り得ない!」的な謎の確信を自分が抱いていた為、
 今回は断固として天命に反旗を翻しました…わざわざ当ラフで水着のディテールにまで言及しているのは、そのせい。

※府蘭・その3。「ウサギっぽいシンボルとかオブジェクトを追加しましょう。背中に兎+宇宙人マークとか?」と言う、
 更なる天の声を基にしたもの。とは言え、リュックを装備すると背中のシンボルは丸ごと隠れてしまうため、
 ビキニにも同じような意匠を追加した方が良いかも?…と思ったので、そのように。

※エレメント・ハナカマキリ型。コイツのみならず、16巻では様々な生物を模したエレメントが登場していますが、
 挿絵化されたエレメントが極めて少ないのは、ひとえに
 「1Cモノクロイラストでの半透明処理描写は、非常に困難である」事が最大の理由です。

 美術畑の方なら「モノクロスケッチで"雪景を、第三者が雪景と視認出来るよう描写する"には、極めて高い技術を要する」
 みたいなフレーズを一度は耳にした事が有るかもですが、それと似たような事情と言ったら良いのか…。

※続・上里勢力。琉華は造形の極性がオティヌスと被ってしまった点にプチ後悔。
 冥亞は「黒髪の白単衣(いわゆる『ユーレイ姿』)」と言った以外に、詳細な指定は殆ど無かったので、
 三角巾がハート型だったり、妙に目立つ巨乳だったりと、独自にキャラ付けを施してみました。
 織雛については… →大昔に描いたカナミン を、今描いたらどうなるんだろう?と言った感じで。

 なお、キャラ造形を確認して貰う事を優先したため、ココでは反映されていないのですが、
 冥亞さん、実は平常時でも180cm超の巨娘です(←はいむらの提案…と言う名の思いつき)。
 本編の彼女は、当ラフよりも一回りほどデカいと思って頂ければ。

※↑の3キャラ中、琉華のみ描き直し。「只でさえ線数が多いうえに、ヒラヒラが多いから鬱陶しい
 (加えて、他のキャラと並んだ時にバランスが悪い)なぁ…」と思ったので、水着周りをさくっとシェイプ。
 ついでに挿絵に登場する予定だった"大&小"を追加した計三形態に。

 ちなみに、彼女のキモは「喰い込み」。何を(≒何処を)指すのかは語るまでも無いよね…!

※16巻表紙ラフ。ちなみに当巻の表紙、「線画まで描いた後になって破棄した」ボツ稿が存在します。
 正規の表紙と登場するキャラも構図もほぼ同様で、単にちまちまデッサン修正するのが面倒なもので、
 イチから描き直しただけの事ですから、ボツ稿はちくいち載せるまでのモノでも無いかと。

 このラフが妙に"整理整頓"されているのは「既に(没になった)絵が有った」がためです。
 ↓直下の17巻ラフと比べれば、情報整理の差は歴然ですね。

※17巻表紙ラフ。16巻本文を読み終えた段階で「…あ。17巻の表紙は府蘭だわ」と、既に計画していました。、
 上記キャララフで、府蘭だけ枚数やディテールが妙に煮詰められているのは、"コレ"を見越しての…と言う事ですね。

※18巻表紙。アレです。例えばこの巻の表紙が「ミナさんの腿チラシーン」とかだったら、
 店頭で一見するだけなら極めてラノベ然とした佇まいですが、内容を知った後は激冷め間違い無しなので、
 「アレイスターのピン絵しか有り得ない」は、当初から編集さん&自分の一致した見解でした。
 この巻の主人公は、上条さんでは、無い。

 にしても、デフォルメ具合を間違ったのか、キャラのバランスが妙に悪い…。

※19巻表紙。そして18巻からの、この有様である。もう色々と台無しだよ!

 …何だか新約に入って以降、上条さんの乙女力が微妙に高まっている気がしますが、そこは気にしないでおこう。
 と言うか、本当は上条さんにロゴが掛かって程良く顔が隠れる形を想定していたのですが(↓ページ下部の表紙ラフ参照)、
 実際の表紙では、想定の逆位置にロゴが配置されたため、思いっきり上条さんの乙女力がダダ漏れに…。

※ミナ=メイザース。「スカートに大きくスリットの入った、19世紀風の喪服」という点は当初から指定に有ったため、
 概ねそれに沿った形です。自分の創作の余地としては「星形のピン(ボタン)」「架空の星座紋様」あたり?

 しかし、この「架空の星座紋様」、画面がゴチャゴチャするため本文では削られています。
 いや、只でさえ衣服の形が解り難いうえ、ココに紋様まで加えると、1Cでは訳が解らない事になるので…。

※結社時代のアレイスター(愛称:若レイスター)。順序としてはミナの後に描き下ろしたものですが、

 「同じ結社の構成員であるこの二人、デザイン的には共通の意匠を持つのでは?」

 …と言う事で、カラーリングやピンの形などがミナと同じになっています。もし、結社の他メンバーが描かれる事が有ったなら
 (と言うか、実は当初、ウェストコットは挿絵になる予定でした)、たぶんこの二人と似たような意匠だった筈?

※アレイスター少女体(愛称:女レイスター)・その1。当初の指定から「魔女」というデザインラインが示されていた彼女ですが、
 なにぶんオティヌスと言う前例が有る(と言うか今も居る)ので、あまりに同じ過ぎるとキャラの描き分け的にアレだろう
 …と言う事で、結果こんな形に。(続く)

※女レイスター・その2。(続き)救いとしては、指定に「水色の、制服のような衣装」の一文が有ったこと。
 コレで肌色成分多めとかだったら、オティヌスとの区別はますます困難を極めた筈…。

 ちなみに、挿絵のシーン選定の都合上、杖は本番で挿絵化されていません…が、コレはそのうち出てくるかな。

※18巻表紙ラフ。普段はココで書くような事を、上でほとんど書いちゃったので、以下はオマケの余談。

 「なんか新約からラフの数、減ってない?」と感じている方もいらっしゃるのでは?と思いますが
 …掻い摘んで言うと、物語開始当初(この場合は旧約の序盤の頃)は、

 『どのような場所で、どのようなキャラクターが、何をするのか?』

 と言った諸々は、小説本文の描写と挿絵で"しか"表現されなかったため、自然とデザインを切るべき案件は多くなっていました。(続く)

※19巻表紙ラフ。

 (続き)…が、本編の刊行が10年を超え、マンガ・アニメ・ゲームなどで、ビジュアル(キャラクター"だけ"に非ず)が周知された現在、
 もう自分の領分ってそこまでは発生しないんですよね。「描かずもがな、皆の脳内で割とビジュアル化されてる」と言うか。

 …実は、飛び抜けて大変なのが最初の1巻で、"本文"という確かなメインストリームこそ有れど、
 上記の『何処で、誰が、何を?』のビジュアル化」は、事実上、描く人間(の感性)にほぼ全乗せ一点賭けされるので、
 ラノベの挿絵を4本も5本も掛け持ちしてるイラストレーターさんって本当に大変じゃないかなぁ…。

"INDEX" main