: top : doujin + works + profile + bookmarks

! アスキーメディアワークス様から許可を頂き「とある魔術の禁書目録」及び「新約〜」シリーズ(著 / 鎌池和馬さん)設定ラフを掲載しています。
! 当コンテンツの画像&コメントは盛大なネタバレを含んでいる場合が有ります。未読の方はその点を踏まえた上で閲覧を決めてください。
! 最新刊のラフは当ページで、既刊ラフ・その他コンテンツは下記リンクより閲覧出来ます。

[ old_log ] : Vol'01〜05 : Vol'06〜10 : Vol'11〜15 : Vol'16〜20 : Vol'21〜22 : Vol'SS1〜SS2
        : N.i'01〜10 : N.i'11〜15

[ others ] : BD(DVD) bonus gift edit : "ENDYMION" edit : Comic edit : A certain prophecy "INDEX"

※16巻表紙。当イラストのキモは…「テカり」
 その所為かどうかは知れませんが、何だか微妙にいつもと絵柄が違うような…とは言え、
 自分の場合、半年そこらで絵柄が変わるなんて、特に珍しい話でも無いですが。

※17巻表紙。そして今度のキモは…「腹筋」
 もはや言ってる事は完全に変態そのものですが…コレも今更な話か。

 変態序でに。↓頁下の琉華のラフでも、このしょうもない性癖は遺憾無く発揮されております。

※府蘭・初案。彼女は"黒のおかっぱ、水着+前開きのピンク色パーカー、大型リュックに各種アンテナ特盛り"
 …といった感じで、実は当初から詳細な著者指定の入っていたキャラなのですが、
 「スペース電波チャネリングキャラなら、本体に解り易くアンテナを装備すると良さそうな。月面ウサギ→うさみみ?

 と言った、はいむらの軽い思い付きから、このあと府蘭が妙にキャラ立ちし始める、訳の分からない事態に…。

※府蘭・その2。「ウサギなら尻尾は必須でしょう!」という天の声に基づき、尻尾(レドーム)を追加。
 その所為で今度はリュックの装備に支障が生じてしまったため、サイズを変更。

 府蘭の水着に関しては、初案提出の後「水着の布面積は少なめで」というリプライが有ったのですが、
 実は当初から「ホットパンツ型しか有り得ない!」的な謎の確信を自分が抱いていた為、
 今回は断固として天命に反旗を翻しました…わざわざ当ラフで水着のディテールにまで言及しているのは、そのせい。

※府蘭・その3。「ウサギっぽいシンボルとかオブジェクトを追加しましょう。背中に兎+宇宙人マークとか?」と言う、
 更なる天の声を基にしたもの。とは言え、リュックを装備すると背中のシンボルは丸ごと隠れてしまうため、
 ビキニにも同じような意匠を追加した方が良いかも?…と思ったので、そのように。

※エレメント・ハナカマキリ型。コイツのみならず、16巻では様々な生物を模したエレメントが登場していますが、
 挿絵化されたエレメントが極めて少ないのは、ひとえに
 「1Cモノクロイラストでの半透明処理描写は、非常に困難である」事が最大の理由です。

 美術畑の方なら「モノクロスケッチで"雪景を、第三者が雪景と視認出来るよう描写する"には、極めて高い技術を要する」
 みたいなフレーズを一度は耳にした事が有るかもですが、それと似たような事情と言ったら良いのか…。

※続・上里勢力。琉華は造形の極性がオティヌスと被ってしまった点にプチ後悔。
 冥亞は「黒髪の白単衣(いわゆる『ユーレイ姿』)」と言った以外に、詳細な指定は殆ど無かったので、
 三角巾がハート型だったり、妙に目立つ巨乳だったりと、独自にキャラ付けを施してみました。
 織雛については… →大昔に描いたカナミン を、今描いたらどうなるんだろう?と言った感じで。

 なお、キャラ造形を確認して貰う事を優先したため、ココでは反映されていないのですが、
 冥亞さん、実は平常時でも180cm超の巨娘です(←はいむらの提案…と言う名の思いつき)。
 本編の彼女は、当ラフよりも一回りほどデカいと思って頂ければ。

※↑の3キャラ中、琉華のみ描き直し。「只でさえ線数が多いうえに、ヒラヒラが多いから鬱陶しい
 (加えて、他のキャラと並んだ時にバランスが悪い)なぁ…」と思ったので、水着周りをさくっとシェイプ。
 ついでに挿絵に登場する予定だった"大&小"を追加した計三形態に。

 ちなみに、彼女のキモは「喰い込み」。何を(≒何処を)指すのかは語るまでも無いよね…!

※16巻表紙ラフ。ちなみに当巻の表紙、「線画まで描いた後になって破棄した」ボツ稿が存在します。
 正規の表紙と登場するキャラも構図もほぼ同様で、単にちまちまデッサン修正するのが面倒なもので、
 イチから描き直しただけの事ですから、ボツ稿はちくいち載せるまでのモノでも無いかと。

 このラフが妙に"整理整頓"されているのは「既に(没になった)絵が有った」がためです。
 ↓直下の17巻ラフと比べれば、情報整理の差は歴然ですね。

※17巻表紙ラフ。16巻本文を読み終えた段階で「…あ。17巻の表紙は府蘭だわ」と、既に計画していました。、
 上記キャララフで、府蘭だけ枚数やディテールが妙に煮詰められているのは、"コレ"を見越しての…と言う事ですね。

: top : doujin + works + profile + bookmarks